top of page
  • leopyi_1

アントレ、「障がい者雇用枠の待遇では、豊かな生活を送れない?」車椅子生活の52歳男性がM&Aで独立

経営未経験者に、事業承継型のM&Aのノウハウを提供する「事業承継実践プログラム」を提供する株式会社アントレは、2021年11月の第1期から現在まで、プログラム卒業生から数多くの事業承継型の個人M&Aのマッチングを支援してきた。2023年10月、栃木県宇都宮市在住の車椅子生活を送る52歳の男性が、自宅でも事業運営できるインターネット通販事業をM&A。1か月目から黒字を実現した。このプログラムをきっかけに、障がい者の立場でもシニアになっても豊かな生活を送るための基盤を築き始めている。

<以下、プレスリリースを転記>

経営未経験者に、事業承継型のM&Aのノウハウを提供する「事業承継実践プログラム(以下、本プログラム)」を提供する株式会社アントレは(本社:東京都港区、代表:上田隆志)は、2021年11月の第1期から現在まで、プログラム卒業生から数多くの事業承継型の個人M&Aのマッチングを支援してまいりました。2023年10月、栃木県宇都宮市在住の車椅子生活を送る52歳の男性が、自宅でも事業運営できるインターネット通販事業をM&A。1か月目から黒字を実現いたしました。本プログラムをきっかけに、障がい者の立場でもシニアになっても豊かな生活を送るための基盤を築き始めています。

【障がい者雇用は全国で促進。しかし賃金は全国平均の60%弱】 現在全国各地で、障がい者の雇用促進の取り組みが進んでいます。企業と障がい者を引き合わせる「雇用促進フェア」が開催されたり、障がい者雇用の取り組みを推進している企業を表彰するなど、各自治体で取り組みが進んでいます。一方、待遇面はまだ健常者よりも低い状況です。厚生労働省が5年ごとに公表している「障害者雇用実態調査」によると、最新の平成30年度版で身体障がい者の1年間の平均賃金は258万円。一方、国税庁の民間給与実態統計調査によると、令和3年時点で国内全体の1年間の平均賃金は443万円と、大きな隔たりがあります。 【2019年から車椅子生活。夢を叶えるために定年前に脱サラ。M&Aで独立】 この度、本プログラムを経て小規模M&Aで独立を果たした橋本様は、2019年に病気が原因で車椅子生活を余儀なくされた身体障がい者です。定年後の働き方や待遇が制限されることを危惧し、再雇用ではなく独立を選択しました。独立のノウハウが無かった状態から3か月かけて基礎知識を学び、スーパーバイザーの支援のもと約60社の事業売却検討者と面談を実施。数ある候補の中から、引継ぎ時から一定の収益が見込め、商品の仕入れから販売のビジネスの流れが学べる「レコードのネット通販事業」をM&Aすることを決意。2023年10月から正式に橋本様名義での事業をスタートしました。サービス開始初月から黒字を達成し、順調なスタートを切っています。 【事業承継実践プログラムで経営の基礎・実践を体得し、夢の実現を加速】 経営の基本を体感し、早めに収入を安定させるために、橋本様は最初のビジネスにネット通販事業を選びましたが、本来橋本様がやりたい事業は福祉事業。既に施設を作るテナントは契約済です。橋本様自身が障がい者となったこと、そして橋本様のお子様も発達障がいをお持ちであることが原体験となり、障がい者でも、一般の方と同じ待遇の仕事を得られるような能力・スキルを身に着けられる就労支援の施設を作る目標をお持ちです。 橋本様より「アントレ事業承継実践プログラムを通じて、経営の基礎を学び、M&Aという当初思ってもみなかった形で独立を果たし、事業の立ち上げ方を体得することができました。ネット通販事業を土台にしながら、次は自分自身が最高と思える福祉事業を形にしていきます。」 <アントレ事業承継実践プログラムについて> アントレが提供する、個人が事業承継での独立を実現するために、必要な力を身に着ける集中プログラムです。 ◆まずはオンライン動画で学習をし、その結果を試すための実践ワークに取り組みます。 ◆その後、M&A経験の豊富な専門家の伴走支援のもと、『自分自身の経験・スキルの棚卸し』から『面談』『契約』までの各ステップを実践で学んでいきます。事業の売り手である経営者とも数十名会えます。 ◆困ったことは何でも「M&Aの専門家」である講師陣に相談でき、伴走体制を徹底している点も大きな強みです。 本プログラムの特徴の一つは、『委託型ではなく、受講者自身の自走型であるため、費用が抑えられる』ことです。一般的なM&A仲介会社に依頼して事業承継を行う場合、費用が500万円以上かかることもある中、本プログラムは案件の探索から契約締結まで自分自身で行うため、余分なコストがかからず、プログラム費用は49.5万円(税込)です。 サイトはこちら https://entrenet.jp/jigyosyokei/index3.htm?utm_source=entre&utm_medium=bnr&utm_campaign=event_lp&version=01&cbn=top_service_jigyosyokei <会社概要> 会社名 : 株式会社アントレ(代表=上田隆志) 本社  : 〒107-6111 東京都港区赤坂5-2-20 赤坂パークビル 11F 事業内容: 独立・開業領域における求人メディアの運営事業 URL   : https://entrenet.jp/

■この記事を書いた人:leopyi

フリーランスのライターで様々なジャンルのライティングを行っているが、 中でも趣味にもしているゲームに関することが得意ジャンル。

ここでは障がいを持っていても真剣に頑張っている人たちの姿を伝えたい。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

DroR、一般社団法人障がい者雇用支援機構てとてにて「SNS活用講座」を開催

令和5年11月14日(火)から全5回にわたり「SNS活用講座」を開催 ■開催の目的・概要 開催期間:令和5年11月14日(火)〜令和5年11月29日(水) 講座回数:全5回 開催場所:オンライン及び一般社団法人障がい者雇用支援機構てとて 株式会社DroR(所在地:東京都渋谷区 代表取締役:山中真琴)は、障がいを持つ方のための就労支援事業所「TeToTe」にて令和5年11月14日(火)から全5回にわ

障がい者eスポーツをもっとメジャーに、第2回 Japan PARA eSports Festival2024を開催

障がいの程度で発生するゲームの「有利不利」の”差”を埋めるために独自のルールを採用 ■日本国内で障がい者手帳をお持ちのeスポーツプレーヤーが競う競技会 障がい者自身がそれぞれの個性に合わせたチャレンジを行い、自信と選択肢が持てるような社会づくりを目指し、障がい福祉サービスを展開している株式会社ワンライフ(群馬県前橋市、代表:市村均弥)は、一般社団法人日本パラeスポーツ連盟主催との共催で第2回 Ja

株式会社プリマベーラ、障がい者の法定雇用率200%を目標に掲げ太田市障がい者雇用優良事業所表彰を受賞

※左:清水聖義市長 右:代表 新井英雄 太田市役所にて 受賞にあたり ・法定雇用率の200%を目標とし、7年間で障がい者雇用率を改善したことで表彰された。 ・健常者も障がい者も待遇・評価に区別はなく、対等な仲間として雇用し昇給・昇進し活躍している。 ■「株式会社プリマベーラ」太田市障がい者雇用優良事業所表彰を受賞 2023年12月19日(火) 北関東を中心にリユース事業など、4事業部59拠点でグル

Comments


bottom of page