top of page
  • leopyi_1

クラブハリエと北中城村長とともにソルファコミュニティ(障害者就労継続支援A型事業所)でバニラ記念受粉式を開催

「おきなわバニラプロジェクト」として日本最大のバニラ栽培(約1万株)を露地栽培とハウス栽培を行ってきた障害者就労継続支援A型事業を行う合同会社ソルファコミュニティ(代表 玉城卓)では、この度、栽培開始から6年経過し、実証実験から事業化に向かう節目に当たり、ご協力/支援いただいている株式会社クラブハリエ(近江八幡市)代表取締役山本隆夫氏と北中城比嘉孝則村長とともに2023年5月16日9時から記念受粉を行うことを発表した。

<以下、プレスリリースを掲載>

国内のバニラ栽培について

海外では原産国メキシコ、最大輸出国インドネシア、最高品質とされるマダガスカルを中心にバニラ栽培が行われています。日本では糸満や読谷など沖縄県においてラン農家がラン科の植物であるという理由から少量ながら栽培してきました。近年はバニラの価格高騰から栽培を始める農家が増えています。しかし、バニラは栽培ではなく、発酵技術が重要ですが、その技術は科学化されておらず、世界的にも正確な技術が謎とされてきました。

発酵技術を解明し国際特許出願

当社ではメキシコ、インドネシア、マダガスカル、台湾などのバニラ生産国の農家を訪ねて、発酵技術(キュアリング)の手法について海外で発行されている論文や書籍にない情報を共同研究を行う東京農業大学と特定非営利活動法人ディーセントワーク・ラボとともに収集し、その過程で科学化されていない技術を解明。その技術を2021年11月に国際特許出願しました。このことによりマダガスカル産と同等の品質を獲得しました。

障害者の強みを活かし、付加価値のあるバニラ栽培で、雇用率代行ビジネスとは対極の農福連携を

本プロジェクトでは障害者を中心としたスタッフが3ヶ月間、毎日、1本1本手作業により発酵作業に関わることで、バニラを最高品質にして、他国に対して優位性を確保しました。2027年までにさまざまな事情により就労困難な方に就労の機会を提供することを目標の中心に掲げ、100人以上の雇用を作っていきます。今後は周囲の農家にも技術を広めることで耕作放棄地の解消、離農の防止なども目指していきます。また、この取り組みで、観光産業以外の主要産業を作ることも視野に入れて活動しています。

合同会社ソルファコミュニティ

代表社員 玉城卓

所在地: 〒901-2313 沖縄県中頭郡北中城村熱田277

0件のコメント

最新記事

すべて表示

DroR、一般社団法人障がい者雇用支援機構てとてにて「SNS活用講座」を開催

令和5年11月14日(火)から全5回にわたり「SNS活用講座」を開催 ■開催の目的・概要 開催期間:令和5年11月14日(火)〜令和5年11月29日(水) 講座回数:全5回 開催場所:オンライン及び一般社団法人障がい者雇用支援機構てとて 株式会社DroR(所在地:東京都渋谷区 代表取締役:山中真琴)は、障がいを持つ方のための就労支援事業所「TeToTe」にて令和5年11月14日(火)から全5回にわ

障がい者eスポーツをもっとメジャーに、第2回 Japan PARA eSports Festival2024を開催

障がいの程度で発生するゲームの「有利不利」の”差”を埋めるために独自のルールを採用 ■日本国内で障がい者手帳をお持ちのeスポーツプレーヤーが競う競技会 障がい者自身がそれぞれの個性に合わせたチャレンジを行い、自信と選択肢が持てるような社会づくりを目指し、障がい福祉サービスを展開している株式会社ワンライフ(群馬県前橋市、代表:市村均弥)は、一般社団法人日本パラeスポーツ連盟主催との共催で第2回 Ja

株式会社プリマベーラ、障がい者の法定雇用率200%を目標に掲げ太田市障がい者雇用優良事業所表彰を受賞

※左:清水聖義市長 右:代表 新井英雄 太田市役所にて 受賞にあたり ・法定雇用率の200%を目標とし、7年間で障がい者雇用率を改善したことで表彰された。 ・健常者も障がい者も待遇・評価に区別はなく、対等な仲間として雇用し昇給・昇進し活躍している。 ■「株式会社プリマベーラ」太田市障がい者雇用優良事業所表彰を受賞 2023年12月19日(火) 北関東を中心にリユース事業など、4事業部59拠点でグル

Comentarios


bottom of page