top of page
  • leopyi_1

ソニーグループ、 障がいのあるなしに関わらず、共に学ぶインクルージョン・ワークショップの参加者募集を開始

ソニーグループ株式会社は、子どもたちの好奇心を育む教育プログラム「CurioStep with Sony(キュリオステップ)」より、ソニー・太陽株式会社の協力のもと、障がいのあるなしに関わらず、共に学ぶインクルージョン・ワークショップ『わくわく科学工作 紙コップスピーカーをつくろう!』を開催する。

<以下、プレスリリースを転記>

ソニーグループ株式会社(以下、ソニー)は、子どもたちの好奇心を育む教育プログラム「CurioStep with Sony(キュリオステップ)」より、ソニー・太陽株式会社(以下、ソニー・太陽)の協力のもと、障がいのあるなしに関わらず、共に学ぶインクルージョン・ワークショップ『わくわく科学工作 紙コップスピーカーをつくろう!』を開催します。

 本ワークショップでは、紙コップや磁石などの身近な材料を使ってスピーカーを工作します。本物のスピーカーにも使われている原理を用いて工作することで、音が聞こえるしくみや、コイルと電気で磁石が生まれるしくみ(電磁石)など、身の回りに隠れている科学のふしぎを楽しく学ぶことができます。

できあがった紙コップスピーカーを音楽プレーヤーやスマートフォンにつないで、お好きな音楽をお楽しみいただけます。また、参加者ご自身でつくった紙コップスピーカーは、お持ち帰りいただくことができます。

 講師は、ソニーのマイクロホンやヘッドホンを製造するソニー・太陽の社員が担当します。ソニー・太陽(https://www.sony-taiyo.co.jp/)は、障がいのある社員が全体の約6割在籍するソニーの特例子会社です。ソニーグループのものづくりの一翼を担い、高品質な製品を世界中に届けています。

 今回のインクルージョン・ワークショップは、障がいのあるなしに関係なく、ものづくりの楽しさを感じ、興味を深め、さらにダイバーシティ、エクイティ&インクルージョン(DE&I)※を体験することにより、相互理解を深めてもらうという、ソニー・太陽の特色を生かしたプログラムです。障がいのあるなしに関わらず、ぜひご応募ください。障がいのあるスタッフも指導にあたります。

 皆さまからのたくさんのご応募をお待ちしています!

※ソニーのダイバーシティ、エクイティ&インクルージョン(DE&I)

ダイバーシティとは、人種、国籍、宗教、信条、障がい、性別、年齢、出身地、性的指向、性自認および価値観、働き方などの特徴の多様性および多様性を尊重する活動を意味します。ダイバーシティ(=多様性)を尊重し、お互いを受容するインクルーシブな組織風土づくりを進めるだけでなく、一人ひとりが直面している課題を理解し、共に乗り越えられるように支援するエクイティ(=公平性)の考え方が大切と考えています。

  1. インクルージョン・ワークショップ『わくわく科学工作 紙コップスピーカーをつくろう!』過去の参加者の声

<お子さまからのアンケートより一部抜粋>

<保護者の方からのアンケートより一部抜粋>


過去のワークショップの様子

◆「CurioStep with Sony(キュリオステップ)」は、ソニーグループの多様なテクノロジーとクリエイティビティを生かして子どもたちの学びや好奇心をサポートする教育プログラムです。詳細や過去のワークショップの模様は、こちらをご覧ください。

 公式ホームページ https://www.sony.co.jp/curiostep

  1. 障がいのあるなしに関わらず、共に学ぶインクルージョン・ワークショップ『わくわく科学工作 紙コップスピーカーをつくろう!』 実施概要

【プログラム内容】 紙コップや磁石などの身近な材料を使ってスピーカーを工作します。

           音が聞こえるしくみや、コイルと電気で磁石が生まれるしくみ(電磁石)など、

           身の回りに隠れている科学のふしぎを楽しく学ぶことができます。

【日程】  ①2023年12月2日(土)10:00-11:30

     ②2023年12月2日(土)13:00-14:30

     ③2023年12月3日(日)10:00-11:30

     ④2023年12月3日(日)13:00-14:30

  ※各回90分、いずれか1回をお選びください。

【会場】 ソニーグループ株式会社本社(住所:東京都港区港南1-7-1)

【対象】 小学1年生~小学6年生(子ども1名、保護者1名)

【募集人数】 20組40名×4枠、合計80組160名 

【応募方法】 以下のサイトよりお申し込みください。

【申込期間】 2023年10月27日(金)~11月13日(月)

※応募者多数の場合には抽選とし、11月20日(月)までに

            当落選通知のメールをお送りします。

           ※ワークショップの当落選通知のメールが11月20日(月)までに届かなかった方は、

            翌日以降にCurioStep公式サイトのお問い合わせフォームより

            CurioStepワークショップ事務局までお問い合わせください

            (土日祝日を挟む場合は翌営業日にご返信します)。

【参加費】 無料

【共催】 ソニーグループ株式会社 (https://www.sony.com/ja/)

ソニー・太陽株式会社 (https://www.sony-taiyo.co.jp/)

公益財団法人 ソニー教育財団 (https://www.sony-ef.or.jp/)

※ソニー教育財団は本ワークショップにキットを提供しています。

【注意事項】 ・ワークショップで使用する工作材料、道具等は全て会場でご用意します。

・広報用にワークショップの様子を録画及び写真撮影させて

いただくことがございます。予めご了承ください。

■この記事を書いた人:leopyi

フリーランスのライターで様々なジャンルのライティングを行っているが、 中でも趣味にもしているゲームに関することが得意ジャンル。

ここでは障がいを持っていても真剣に頑張っている人たちの姿を伝えたい。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

DroR、一般社団法人障がい者雇用支援機構てとてにて「SNS活用講座」を開催

令和5年11月14日(火)から全5回にわたり「SNS活用講座」を開催 ■開催の目的・概要 開催期間:令和5年11月14日(火)〜令和5年11月29日(水) 講座回数:全5回 開催場所:オンライン及び一般社団法人障がい者雇用支援機構てとて 株式会社DroR(所在地:東京都渋谷区 代表取締役:山中真琴)は、障がいを持つ方のための就労支援事業所「TeToTe」にて令和5年11月14日(火)から全5回にわ

障がい者eスポーツをもっとメジャーに、第2回 Japan PARA eSports Festival2024を開催

障がいの程度で発生するゲームの「有利不利」の”差”を埋めるために独自のルールを採用 ■日本国内で障がい者手帳をお持ちのeスポーツプレーヤーが競う競技会 障がい者自身がそれぞれの個性に合わせたチャレンジを行い、自信と選択肢が持てるような社会づくりを目指し、障がい福祉サービスを展開している株式会社ワンライフ(群馬県前橋市、代表:市村均弥)は、一般社団法人日本パラeスポーツ連盟主催との共催で第2回 Ja

株式会社プリマベーラ、障がい者の法定雇用率200%を目標に掲げ太田市障がい者雇用優良事業所表彰を受賞

※左:清水聖義市長 右:代表 新井英雄 太田市役所にて 受賞にあたり ・法定雇用率の200%を目標とし、7年間で障がい者雇用率を改善したことで表彰された。 ・健常者も障がい者も待遇・評価に区別はなく、対等な仲間として雇用し昇給・昇進し活躍している。 ■「株式会社プリマベーラ」太田市障がい者雇用優良事業所表彰を受賞 2023年12月19日(火) 北関東を中心にリユース事業など、4事業部59拠点でグル

Comentarios


bottom of page