top of page

ハンデの有る無し・地域・環境に関わらずリアルスポーツ&eスポーツを体験できるインクルーシブプロジェクトがスタート!

2023年12月大阪で開催される「NewEエキスポ(サキシマミライ学びのプロジェクト主催)」にて、境界線を飛び越えてチャレンジしていく試み。

■このプロジェクトにて目指すこと 車いすバスケやブラインドフットボール、ボッチャ等のパラスポーツと、誰もが参加しやすいeスポーツを並列に捉え、心身の障がいや地域や経済等の格差を抱える様々な人々に、まずは知ってもらう~気軽にやってもらう~自分らしい道を進んでもらう『 ひとづくり 』に取り組み、個性や違いを当たり前に感じ誰もがチャレンジできる『 社会づくり 』を推進してゆくという。

■パラスポーツとeスポーツの同時開催による「ひとづくり」「社会づくり」へのアプローチ <2024年より全国各地で実施の見込み> パラスポーツの振興に取り組んできた”NPO法人アダプデッドスポーツ・サポートセンター”と、福祉事業にイノベーティブに取り組む”㈱TECTEC”、デジタルエンターテインメントの教育応用を実践する”㈱キッズプロジェクト”が、ネットワークを活かし全国各地で実施していく予定とのことです。リアルスポーツとeスポーツの文化や環境・専門性等の差異を、想いを同じくする組織やメンバーの共創で解決します。本プロジェクトメンバーのネットワークを用いて、既存のリアルスポーツやeスポーツ団体との連携にも取り組みます。「みんなで努力しよう、がんばろう」の画一性だけでは多様性を封じ込めてしまいます。「自分らしくやってみよう、楽しもう」の広く柔らかいスタンスで、子ども達や若者が小さな前進を体験する機会を作ります。心身の障がいの有無やひとりひとりの個性特性のような、過去の常識からの逸脱に社会は不寛容です。インクルージョンの実現に必要な理念やリソースは足りていますが、それらの人や組織や地域が個別に活動しているため、社会全体の機運醸成が足りていないと考えます。

■プロジェクトによる具体的なアクションとは ・個別に活動する組織やプロジェクトの共創を働きかけてゆきます。具体例として自分たちが2024年春より実行します。 ・離れている取り組みや地域の交流や連携を、属人的ネットワークやIoTやメタバース等も用いて継続的に実施します。 ・インクルーシブ促進や人材不足等、企業や団体や地域の持つ課題の解決を、協賛金や寄付といった善意の資金だけで無く、持続性ある事業や人材育成とするリアリティをもって取り組みます。

■この記事を書いた人:leopyi

フリーランスのライターで様々なジャンルのライティングを行っているが、 中でも趣味にもしているゲームに関することが得意ジャンル。

ここでは障がいを持っていても真剣に頑張っている人たちの姿を伝えたい。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

DroR、一般社団法人障がい者雇用支援機構てとてにて「SNS活用講座」を開催

令和5年11月14日(火)から全5回にわたり「SNS活用講座」を開催 ■開催の目的・概要 開催期間:令和5年11月14日(火)〜令和5年11月29日(水) 講座回数:全5回 開催場所:オンライン及び一般社団法人障がい者雇用支援機構てとて 株式会社DroR(所在地:東京都渋谷区 代表取締役:山中真琴)は、障がいを持つ方のための就労支援事業所「TeToTe」にて令和5年11月14日(火)から全5回にわ

障がい者eスポーツをもっとメジャーに、第2回 Japan PARA eSports Festival2024を開催

障がいの程度で発生するゲームの「有利不利」の”差”を埋めるために独自のルールを採用 ■日本国内で障がい者手帳をお持ちのeスポーツプレーヤーが競う競技会 障がい者自身がそれぞれの個性に合わせたチャレンジを行い、自信と選択肢が持てるような社会づくりを目指し、障がい福祉サービスを展開している株式会社ワンライフ(群馬県前橋市、代表:市村均弥)は、一般社団法人日本パラeスポーツ連盟主催との共催で第2回 Ja

株式会社プリマベーラ、障がい者の法定雇用率200%を目標に掲げ太田市障がい者雇用優良事業所表彰を受賞

※左:清水聖義市長 右:代表 新井英雄 太田市役所にて 受賞にあたり ・法定雇用率の200%を目標とし、7年間で障がい者雇用率を改善したことで表彰された。 ・健常者も障がい者も待遇・評価に区別はなく、対等な仲間として雇用し昇給・昇進し活躍している。 ■「株式会社プリマベーラ」太田市障がい者雇用優良事業所表彰を受賞 2023年12月19日(火) 北関東を中心にリユース事業など、4事業部59拠点でグル

Comments


bottom of page