top of page
  • leopyi_1

ワンライフ、障がい者と健常者が参加するダイバーシティパレード『インクルーシブパレード2023』に特別協力

障がい者自身がそれぞれの個性に合わせたチャレンジを行い、自信と選択肢が持てるような社会づくりを目指し、障がい福祉サービスを展開している株式会社ワンライフは、障がい者が、障がい者の課題解決を行う新しいコミュニティ『凸凹村(でこぼこむら)』を2023年8月に立上げた。今回、一般社団法人インクルーシブデザイン協会が運営する、日本最大規模で障害者と健常者が参加するダイバーシティパレード『インクルーシブパレード2023』に特別協力を行う。イベントは、2023年11月11日(土)10時に行われた。

<以下、プレスリリースを転記>

障がい者自身がそれぞれの個性に合わせたチャレンジを行い、自信と選択肢が持てるような社会づくりを目指し、障がい福祉サービスを展開している株式会社ワンライフ(群馬県前橋市、代表:市村均弥 以下、ワンライフ)は、障がい者が、障がい者の課題解決を行う新しいコミュニティ『凸凹村(でこぼこむら)』を2023年8月に立上げました。今回、一般社団法人インクルーシブデザイン協会が運営する、日本最大規模で障害者と健常者が参加するダイバーシティパレード『インクルーシブパレード2023』に特別協力を行います。イベントは、2023年11月11日(土)10時からとなります。

  1. 障がい者が、障がい者の課題解決を行う新しいコミュニティ『凸凹村』 インクルーシブパレード2023に特別協力として参加

『インクルーシブパレード2023 OSAKA』は、「障害があってもなくても友達になろう」をコンセプトに、インクルーシブデザインを用いて企画した日本最大規模のイベントです。第2回目となる今年は、視覚障害者である白杖使用者や見えない、見えにくい方にスポットを当てて、障害のあるなし関係なく、ともに集まり、みんなでパレードを実施します。パレードのルートは、大阪天満宮をスタート地点として、日本一長い天神橋筋商店街を抜け、扇町公園までの約1キロを30分くらい歩きます。到着地点の扇町公園では、体験・交流型のイベントを開催します。当日は、大阪府警察による全面協力のもと、堺筋を一部通行止めにして、白杖使用者や車椅子使用者らとともに、大阪のど真ん中を練り歩きます。

パレード後のイベントでは、目隠し体験ゲーム、白杖体験、サッカーやラグビー、ランニングなどのブラインドスポーツ体験、子ども達によるチアダンス、パラアスリートによるトークショーなどを予定しています。(スポーツ体験は、運動靴でご参加ください)

盛りだくさんの飲食エリアでは、ラーメンや焼き鳥、ナンカレーなど屋台ならではのお楽しみメニューからヘルシー系カフェまで、幅広いジャンルの出展者が参加します。目玉は、世界初のオーガニックチューハイ専門店。無添加やオーガニックにこだわった数々のドリンクをお楽しみいただけます。また当日は、最寄り駅で、スタッフがお客様の誘導を行なっていますので、安心してご参加ください。

『インクルーシブパレード2023 OSAKA』公式サイト → https://inclusive-parade.jp/

  1. 今までにない新しい障がい者コミュニティ「凸凹村」とは?

障がい者と一括りにされることが多いですが、障がいといっても様々な種類があります。知的・身体・精神という3つの区分だけでなく、様々な障がいのカタチがあります。それぞれの障がい者が抱える課題を、他の障がいを持つ障がい者が考える場は、今まで無かったものです。ワンライフでは、障がい者の方達が自由に交流できるデジタル上の場をつくり、障がい者が、障がい者の課題解決を行う新しいコミュニティ「村」をつくりました。初代村長は乙武洋匡氏、副村長は障害者ドットコム代表の川田祐一氏がつとめています。

まずは、フェイスブック上で様々なグループを形づくり、また解決型のイベントを今後実施していきます。また、2024年度には、デジタル村『凸凹村』を開発リリースを予定しております。

【凸凹村Facebookページ】こちらから、村民へ!▼ https://www.facebook.com/profile.php?id=100092550507752

■初代村長:乙武氏コメント

「障害がある人=劣っている人」というわけではありません。障害とは、ある特定の機能が多くの人と同じような働きをしていない状態のこと。だから、もちろん苦手なこともあれば、得意なこともあるんです。そんな「凸」と「凹」を組み合わせれば、とても豊かなつながりを生み出せるはず。「凸凹村」は、そんなコンセプトからスタートしています。今回、初代・村長を務めることになった私自身も、非常に「得意なこと」と「苦手なこと」がはっきりしている人間です。ぜひ、みなさんと助け合いながら楽しいコミュニティにしていけたらと思っています!

■株式会社ワンライフについて

株式会社ワンライフは群馬県発で子供から大人までの障害者の方を対象とした障害福祉サービス、障がい福祉施設に特化したポータルサイト「みんなの障がい」、障がい者が障がい者の課題解決を行う新しいコミュニティ「凸凹村」等を展開しています。

<会社概要>

・会社名:株式会社ワンライフ

・代表者:代表取締役 市村均弥

・設 立:平成26年2月

・所在地:群馬県前橋市広瀬町3-18-15

<事業内容>

・障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための

 法律に基づく障害福祉サービス事業

・児童福祉法に基づく障害児支援事業

取材など問合せは以下まで、お願い致します▼

■この記事を書いた人:leopyi

フリーランスのライターで様々なジャンルのライティングを行っているが、 中でも趣味にもしているゲームに関することが得意ジャンル。

ここでは障がいを持っていても真剣に頑張っている人たちの姿を伝えたい。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

DroR、一般社団法人障がい者雇用支援機構てとてにて「SNS活用講座」を開催

令和5年11月14日(火)から全5回にわたり「SNS活用講座」を開催 ■開催の目的・概要 開催期間:令和5年11月14日(火)〜令和5年11月29日(水) 講座回数:全5回 開催場所:オンライン及び一般社団法人障がい者雇用支援機構てとて 株式会社DroR(所在地:東京都渋谷区 代表取締役:山中真琴)は、障がいを持つ方のための就労支援事業所「TeToTe」にて令和5年11月14日(火)から全5回にわ

障がい者eスポーツをもっとメジャーに、第2回 Japan PARA eSports Festival2024を開催

障がいの程度で発生するゲームの「有利不利」の”差”を埋めるために独自のルールを採用 ■日本国内で障がい者手帳をお持ちのeスポーツプレーヤーが競う競技会 障がい者自身がそれぞれの個性に合わせたチャレンジを行い、自信と選択肢が持てるような社会づくりを目指し、障がい福祉サービスを展開している株式会社ワンライフ(群馬県前橋市、代表:市村均弥)は、一般社団法人日本パラeスポーツ連盟主催との共催で第2回 Ja

株式会社プリマベーラ、障がい者の法定雇用率200%を目標に掲げ太田市障がい者雇用優良事業所表彰を受賞

※左:清水聖義市長 右:代表 新井英雄 太田市役所にて 受賞にあたり ・法定雇用率の200%を目標とし、7年間で障がい者雇用率を改善したことで表彰された。 ・健常者も障がい者も待遇・評価に区別はなく、対等な仲間として雇用し昇給・昇進し活躍している。 ■「株式会社プリマベーラ」太田市障がい者雇用優良事業所表彰を受賞 2023年12月19日(火) 北関東を中心にリユース事業など、4事業部59拠点でグル

Hozzászólások


bottom of page