top of page

丸井グループ、マルイキットセンターが障がい者雇用の優良事業主に認定

厚生労働省の「もにす認定」を取得する

■マルイキットセンター、優良事業主として「もにす認定」を取得! 株式会社丸井グループ(本社:東京都中野区、代表取締役社長:青井 浩)の特例子会社で、障がい者雇用の推進を担う株式会社マルイキットセンター(本社埼玉県戸田市、代表取締役社長:戸井田 敦子)は、障がい者雇用の促進および雇用の安定に関する取り組みの実施状況などが優良な事業主として、2023年11月に「もにす認定」を受けた。

■「もにす認定制度」 とは 厚生労働大臣が障がい者の雇用の促進や安定に関する取り組みなどが優良な中小企業主を認定する制度です。この認定制度により、認定企業が障がい者雇用における身近なロールモデルとして認知されることで、地域における障がい者雇用の取り組みの一層の推進が期待されます。「もにす」は、共に進む(ともにすすむ)という言葉に由来し、企業と障がいのある方が共に明るい未来や社会に進んでいくことを期待して名付けられています 。

丸井グループおよびマルイキットセンターの取り組み 2つの取り組みについて特に評価を受けました。 ・定着支援に向けた取り組み 障がいのある社員がイキイキとモチベーション高く働き、個々の特性を活かして パフォーマンスを発揮し続けられるよう、「本人の成長や自立に向けた取り組み」「Well-beingの推進」「合理的配慮の促進」の3つの軸で、さまざまな工夫・改善を進めております。

・DE&Iの理解・醸成に向けた体験と共創の場の提供 グループ社員に向けて、1日体験型の集合研修を企画・開催。単なる見学ではなく、業務体験やメンバーとの対話、研修での気づきの共有や将来を見据えた意見交換を行うグループワークなどで、「DE&I」のあるべき姿についてあらためて考える場となっています。

※DE&Iとは:「ダイバーシティ・エクイティ&インクルージョン」の意味で、従来、企業が取り組んできた「ダイバーシティ&インクルージョン」に「公平/公正性(Equity)」という考えをプラスした概念です。 多様な人が働く組織の中で、それぞれの人に合った対応をすることで、それぞれがいきいきと働き、成果を出し続けるための考え方とされています。

■この記事を書いた人:leopyi

フリーランスのライターで様々なジャンルのライティングを行っているが、 中でも趣味にもしているゲームに関することが得意ジャンル。

ここでは障がいを持っていても真剣に頑張っている人たちの姿を伝えたい。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

DroR、一般社団法人障がい者雇用支援機構てとてにて「SNS活用講座」を開催

令和5年11月14日(火)から全5回にわたり「SNS活用講座」を開催 ■開催の目的・概要 開催期間:令和5年11月14日(火)〜令和5年11月29日(水) 講座回数:全5回 開催場所:オンライン及び一般社団法人障がい者雇用支援機構てとて 株式会社DroR(所在地:東京都渋谷区 代表取締役:山中真琴)は、障がいを持つ方のための就労支援事業所「TeToTe」にて令和5年11月14日(火)から全5回にわ

障がい者eスポーツをもっとメジャーに、第2回 Japan PARA eSports Festival2024を開催

障がいの程度で発生するゲームの「有利不利」の”差”を埋めるために独自のルールを採用 ■日本国内で障がい者手帳をお持ちのeスポーツプレーヤーが競う競技会 障がい者自身がそれぞれの個性に合わせたチャレンジを行い、自信と選択肢が持てるような社会づくりを目指し、障がい福祉サービスを展開している株式会社ワンライフ(群馬県前橋市、代表:市村均弥)は、一般社団法人日本パラeスポーツ連盟主催との共催で第2回 Ja

株式会社プリマベーラ、障がい者の法定雇用率200%を目標に掲げ太田市障がい者雇用優良事業所表彰を受賞

※左:清水聖義市長 右:代表 新井英雄 太田市役所にて 受賞にあたり ・法定雇用率の200%を目標とし、7年間で障がい者雇用率を改善したことで表彰された。 ・健常者も障がい者も待遇・評価に区別はなく、対等な仲間として雇用し昇給・昇進し活躍している。 ■「株式会社プリマベーラ」太田市障がい者雇用優良事業所表彰を受賞 2023年12月19日(火) 北関東を中心にリユース事業など、4事業部59拠点でグル

Comments


bottom of page