top of page
  • leopyi_1

日本障がい者サッカー連盟、障がい特性や程度に応じて楽しめるサッカーを見つける、イベント内で初実施

⼀般社団法⼈⽇本障がい者サッカー連盟は、2023年12⽉23⽇(⼟)にJ-SOCIETY FOOTBALL PARK 多摩およびオンラインで「JIFFインクルーシブフットボールフェスタ2023」を開催する。本イベントは、”障がいの有無に関わらず混ざり合える共生社会の実現に向け、サッカーを通じて障がい児・者と健常児・者の相互理解の機会をつくる”ことを目的に、JIFFが設⽴された初年度(2016年)から毎年12⽉に開催し、今回で8回目となる。今年度は障がいのある子どもと障がい者サッカーとの出会いの機会を創出し、障がい特性や程度に応じて楽しめるサッカーを見つける「障がい者サッカーチャレンジひろば」を新たなプログラムとして実施し、これまでよりさらにパワーアップしたイベント内容となっている。

<以下、プレスリリースを転記>

⼀般社団法⼈⽇本障がい者サッカー連盟(JIFF/会⻑:北澤豪)は、2023年12⽉23⽇(⼟)にJ-SOCIETY FOOTBALL PARK 多摩(東京都多摩市)およびオンラインで「JIFFインクルーシブフットボールフェスタ2023」を開催します。本イベントは、”障がいの有無に関わらず混ざり合える共生社会の実現に向け、サッカーを通じて障がい児・者と健常児・者の相互理解の機会をつくる”ことを目的に、JIFFが設⽴された初年度(2016年)から毎年12⽉に開催し、今回で8回目となります。今年度は障がいのある子どもと障がい者サッカーとの出会いの機会を創出し、障がい特性や程度に応じて楽しめるサッカーを見つける「障がい者サッカーチャレンジひろば」を新たなプログラムとして実施し、これまでよりさらにパワーアップしたイベント内容となっています。

本イベントは、東京都内のJリーグクラブ(FC東京、FC町田ゼルビア、東京ヴェルディ)、Jリーグ百年構想クラブ(クリアソン新宿)、Fリーグクラブ(フウガドールすみだ、ペスカドーラ町田)、WEリーグクラブ(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)、なでしこリーグクラブ(スフィーダ世田谷FC)の指導者や障がい者サッカーチーム(ウォーキングサッカー・イン・ザ・サイレンス、エスペランサ、FC ALVORADA、CA SOLUA 葛飾、COLVO、東京都電動車椅子サッカー協会 等)の協力を得て実施いたします。

<インクルーシブフットボールとは>

障がいの有無や種別など、さまざまな「違い」を超えて障がい児者と健常児者が混ざり合い、⼀緒に楽しむサッカーです。本イベントでは、⼩学⽣を対象とした「まぜこぜサッカー」と、年齢、性別、サッカー経験の有無なども関係なく楽しめる「まぜこぜウォーキングフットボール」の2種類のインクルーシブフットボールを実施します。

【「JIFFインクルーシブフットボールフェスタ2023」開催概要】

日時:

2023年12月23日(土)

【午前の部】10時00分〜12時00分 【午後の部】14時00分〜16時00分 【午後の部(オンライン)】14時00分~15時00分

※スケジュールは一部変更となる可能性がございます。

プログラム:

【午前の部】

① 障がい者サッカーチャレンジひろば ▶︎対象:小学1年生〜18歳までの障がいのある(または発達の気になる)お子様 <前半(10時00分〜10時50分)>

・身体障がいのある方対象のサッカー(定員 20名)

・聴覚障がいのある方対象のサッカー(定員 20名)

・自分に合った方法を見つけたい方対象のサッカー※(定員 15名)

<後半(11時10分〜12時00分)>

・視覚障がいのある方対象のサッカー(定員 20名)

・知的・発達・精神障がいなどのある方対象のサッカー(定員 20名)

・自分に合った方法を見つけたい方対象のサッカー※(定員 15名)

※「自分に合った方法を見つけたい方対象のサッカー」とは: 一人ひとりの発達状況や身体の状態に合ったサッカーをコーチと一緒に見つけて楽しみます。障がい種別に関わらず誰でも参加できるように既存のサッカー・障がい者サッカーのルールや道具のみにとらわれず、いろいろな方法でサッカーを楽しめるプログラムです。

【午後の部】

② まぜこぜサッカー(定員 40名) ▶︎対象:小学生(障がいの有無や種別に関係なく、自立歩行ができる人)

③ まぜこぜウォーキングフットボール(定員30名) ▶︎対象:年齢、障がいの有無、自立歩行の可否に関係なくだれでも(未就学児の参加や親子参加もOK!)

④ まぜこぜサッカーオンライン(定員25名) ▶︎対象:年齢、障がいの有無、自立歩行の可否に関係なくだれでも  ※小学生向けの内容

会場:

①〜③ 来場プログラム:J-SOCIETY FOOTBALL PARK 多摩(東京都多摩市)

④ オンラインプログラム:オンライン会議ツールZoomを利用し、どこからでも参加可能

対象:

① 障がい者サッカーチャレンジひろば:小1年生〜18歳までの障がいのある(または発達の気になる)お子様

②まぜこぜサッカー:小学生(障がいの有無や種別に関係なく、自立歩行ができる人)

③まぜこぜウォーキングフットボール:年齢、障がいの有無、自立歩行の可否に関係なくだれでも

④ まぜこぜサッカーオンライン:年齢、障がいの有無、自立歩行の可否に関係なくだれでも

参加申込:参加申込ページはこちら→ https://forms.gle/492R2GPRAd5fPDGZ8

     ※申込締切 開催の10日前【12月13日(水)】まで

     ※定員に達した場合、抽選とさせていただきます。

     ※抽選結果は開催の1週間前【12月16日(土)】ごろにご連絡させていただきます。

主催:一般社団法人日本障がい者サッカー連盟(JIFF)

共催:NPO法人日本アンプティサッカー協会、一般社団法人日本CPサッカー協会、NPO法人日本ソーシャルフットボール協会、NPO法人日本知的障がい者サッカー連盟、一般社団法人日本電動車椅子サッカー協会、NPO法人日本ブラインドサッカー協会、一般社団法人日本ろう者サッカー協会

協力:【在京クラブ】FC東京、FC町田ゼルビア、クリアソン新宿、スフィーダ世田谷FC、東京ヴェルディ/日テレ・東京ヴェルディベレーザ、フウガドールすみだ、ペスカドーラ町田(五十音順)

【障がい者サッカーチーム】ウォーキングサッカー・イン・ザ・サイレンス、エスペランサ、FC ALVORADA、CA SOLUA葛飾、COLVO、東京都電動車椅子サッカー協会 等(五十音順)

【その他】公益財団法人日本ケアフィット共育機構

後援(予定):公益財団法人日本サッカー協会、公益財団法人東京都サッカー協会、公益社団法人日本プロサッカーリーグ、多摩市

<ご取材申請について>

取材申請は、2023年12月19日(火)12時までに以下よりお願いいたします。

取材申請フォーム→ https://forms.gle/Q3Ukc8StyNQSYwAW9

以上

■この記事を書いた人:leopyi

フリーランスのライターで様々なジャンルのライティングを行っているが、 中でも趣味にもしているゲームに関することが得意ジャンル。

ここでは障がいを持っていても真剣に頑張っている人たちの姿を伝えたい。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

DroR、一般社団法人障がい者雇用支援機構てとてにて「SNS活用講座」を開催

令和5年11月14日(火)から全5回にわたり「SNS活用講座」を開催 ■開催の目的・概要 開催期間:令和5年11月14日(火)〜令和5年11月29日(水) 講座回数:全5回 開催場所:オンライン及び一般社団法人障がい者雇用支援機構てとて 株式会社DroR(所在地:東京都渋谷区 代表取締役:山中真琴)は、障がいを持つ方のための就労支援事業所「TeToTe」にて令和5年11月14日(火)から全5回にわ

障がい者eスポーツをもっとメジャーに、第2回 Japan PARA eSports Festival2024を開催

障がいの程度で発生するゲームの「有利不利」の”差”を埋めるために独自のルールを採用 ■日本国内で障がい者手帳をお持ちのeスポーツプレーヤーが競う競技会 障がい者自身がそれぞれの個性に合わせたチャレンジを行い、自信と選択肢が持てるような社会づくりを目指し、障がい福祉サービスを展開している株式会社ワンライフ(群馬県前橋市、代表:市村均弥)は、一般社団法人日本パラeスポーツ連盟主催との共催で第2回 Ja

株式会社プリマベーラ、障がい者の法定雇用率200%を目標に掲げ太田市障がい者雇用優良事業所表彰を受賞

※左:清水聖義市長 右:代表 新井英雄 太田市役所にて 受賞にあたり ・法定雇用率の200%を目標とし、7年間で障がい者雇用率を改善したことで表彰された。 ・健常者も障がい者も待遇・評価に区別はなく、対等な仲間として雇用し昇給・昇進し活躍している。 ■「株式会社プリマベーラ」太田市障がい者雇用優良事業所表彰を受賞 2023年12月19日(火) 北関東を中心にリユース事業など、4事業部59拠点でグル

Comments


bottom of page