top of page

障がい者施設の日常を描いた小説。新刊『白鳥のいる場所 ある障がい者支援施設の物語』発売!

閉ざされた世界と思われがちな障がい者施設。一筋縄ではいかないながらも、和気藹々な日常を描いている。

■パレードブックスの新刊「白鳥のいる場所 ある障がい者支援施設の物語」 2023年12月19日(火) パレードブックスは、『白鳥のいる場所 ある障がい者支援施設の物語』(著:下村徹)を全国書店で発売する。この本は、障がい者支援施設「サニーガーデン」で生活する障がい者と、その障がい者を支援する人々の物語で、利用者と職員の絆、全身麻痺を乗り越えて円盤投げで金メダル獲得、楽しいKさん語録、利用者同士のケンカ、職員の苦しみ...笑顔あふれる和気藹々としたなかでも、時には泣いたり怒ったり、一筋縄ではいかないことも。そんな日常を綴っている。

■この本はこのような内容になっている、「福祉施設」での日常 一般的に「福祉施設」内での生活、というと起床後、朝食、体操、入浴、昼食、レクリエーション、おやつ、夕食、就寝。これらのルーティンワークで365日、繰り返し生活していると思われています。基本的にはそうです。人間生きてゆく生活の基本的なことは、健常者も障がい者もみな同じで、何一つ変わりありません。違うとすれば、自分のことをひとりでできるか、手助けが必要かの違いです。施設に入所していると、日々穏やかに過ごすことができる。もちろんそういう日常が多いけれど、世間一般の皆さんと同様、もしかすると、皆さんより神経をつかっているかもしれません。入所者全員赤の他人との共同生活です。人間関係でストレスを抱える方もいれば、利用者同士で喧嘩をすることもあります。過去20年間に起きた、驚くようなできごと、感動的なできごと、ほんの一部ですが、ご紹介します。その事柄を読んで、気になる点・引っかかる点など感じることは人それぞれ異なると思います。是非ご自分の人生に役立てていただけたらと思います。

■著者プロフィール 下村徹(しもむら・とおる) 『次郎物語』の著者下村湖人の三男。1930年生まれ。 慶応義塾大学卒業後、石川県の大同工業の関連会社大同通商に入社。1956年より19年間米国の支店で勤務。1990年に大同通商本社の代表取締役専務、及び大同工業の海外事業担当取締役を辞任、年金生活に入る。著書に『摩天楼の谷間から』『ドナウの叫び―ワグナー・ナンドール物語』『友を裏切った男』がある。

■この記事を書いた人:leopyi

フリーランスのライターで様々なジャンルのライティングを行っているが、 中でも趣味にもしているゲームに関することが得意ジャンル。

ここでは障がいを持っていても真剣に頑張っている人たちの姿を伝えたい。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

DroR、一般社団法人障がい者雇用支援機構てとてにて「SNS活用講座」を開催

令和5年11月14日(火)から全5回にわたり「SNS活用講座」を開催 ■開催の目的・概要 開催期間:令和5年11月14日(火)〜令和5年11月29日(水) 講座回数:全5回 開催場所:オンライン及び一般社団法人障がい者雇用支援機構てとて 株式会社DroR(所在地:東京都渋谷区 代表取締役:山中真琴)は、障がいを持つ方のための就労支援事業所「TeToTe」にて令和5年11月14日(火)から全5回にわ

株式会社プリマベーラ、障がい者の法定雇用率200%を目標に掲げ太田市障がい者雇用優良事業所表彰を受賞

※左:清水聖義市長 右:代表 新井英雄 太田市役所にて 受賞にあたり ・法定雇用率の200%を目標とし、7年間で障がい者雇用率を改善したことで表彰された。 ・健常者も障がい者も待遇・評価に区別はなく、対等な仲間として雇用し昇給・昇進し活躍している。 ■「株式会社プリマベーラ」太田市障がい者雇用優良事業所表彰を受賞 2023年12月19日(火) 北関東を中心にリユース事業など、4事業部59拠点でグル

国際障害者デーイベント「自分らしくいられる職場 - 就労移行支援がつなぐ未来」にキズキ取締役林田氏が登壇

何度でもやり直せる社会をつくる ■「国際障害者デーイベント 自分らしくいられる職場」にキズキ林田氏登壇 「何度でもやり直せる社会をつくる」をビジョンに教育・福祉分野で事業を展開する株式会社キズキ(代表:安田祐輔、本社:東京都渋谷区)の取締役・林田絵美氏が、2023年12月4日に開催されたフィデリティ投信株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 デレック・ヤング氏)の社内向けイベント「Positi

Комментарии


bottom of page