top of page

障害者支援の世界に新風を吹き込むZ世代を中心とした若手現役介護スタッフたちが登壇!

社会を動かす新しい力、Z世代。彼らがどのように障害者支援の世界に新風を吹き込んでいるのか、新しい障害者支援の可能性を広げていく。

■『Z世代と障害者支援』を開催し、アーカイブ公開も行われる 2023年12月24日 NPO法人Ubdobe(所在地:東京都世田谷区、代表:岡 勇樹)が運営する介護事業所WASSUPは、トークイベント『Z世代と障害者支援』を、オンラインで開催した。多様性が重視される現代のど真ん中を生き抜くZ世代は、社会問題に対してどのような視点やアプローチを持っているのでしょうか?WASSUPで障害者支援に携わるスタッフから話を聞きながら、障害者支援の分野において彼らがどのように感じ、影響を与え、変化をもたらしているのかを深掘りしていく、またこの様子はアーカイブ公開も行われる。

※Z世代とは:一般的に1980年から1995年の間に生まれた世代と定義されることが多く、大体25歳から40歳ぐらいの世代を指しています。 またIT化やデジタル化が進んだ世代とされています。

■社会を動かす新しい力、Z世代。どのように障害者支援の世界に新風を吹き込んでいるのか 2019年から東京都を中心に移動支援、居宅介護、重度訪問支援事業を行っている福祉事業所WASSUP(ワサップ)。業界全体で介護職の高齢化が問題視される中、WASSUPスタッフの平均年齢は現在28歳!多様性が重視される現代のど真ん中を生き抜くZ世代は、社会問題に対してどのような視点やアプローチを持っているのでしょうか?このイベントでは、WASSUPで障害者支援に携わるZ世代のスタッフから話を聞きながら、障害者支援の分野において彼らがどのように感じ、影響を与え、変化をもたらしているのかを深掘りします。新しい障害者支援の可能性を広げるこの機会をお見逃しなく!申込者限定でアーカイブも公開予定。

■出演者ご紹介 ▼岡 勇樹(NPO法人Ubdobe 代表理事)

1981年東京生まれ。幼少期の8年間をサンフランシスコで過ごし、音楽漬けで帰国。母と祖父の病気や死がきっかけで高齢者介護・障害児支援の仕事に従事。現在は医療福祉がテーマのクラブイベントや謎解きイベント事業・居宅介護や重度訪問介護や移動支援などの福祉事業・デジタルアート型リハビリコンテンツ事業・小さなレコード屋さんなどを展開。

▼河内 玲奈(WASSUP 管理者兼サービス提供責任者)

神奈川県横浜市生まれ。

幼少期より重度の脳性まひのある従兄弟と過ごし、障害分野に興味をもつ。介護福祉士取得後2001年から福祉の仕事を始め、デイサービス、訪問入浴や小規模多機能などでの経験をつむ。息子に障害があることがわかり、高齢者分野から障害分野に転向。現在4人の子どもを育てながらWASSUPにて管理者兼サービス提供責任者として勤務。美容師資格あり。

▼MIKI

山形県出身。介護福祉士の資格取得を目指して勉強する大学生。「皆がPOPに生きられる社会」を模索中。チャームポイントは赤、青、金、グレー、ピンク、オレンジ、紫など、頻繁に変わるヘアカラー。最近の趣味は楽曲制作。

▼A-YA

神奈川県出身。実習と記録に追われる現役限界看護学生。趣味は歌うこと、合唱・ミュージカルを聴きに行くこと。初めて話す同級生に敬語で話しかけられることが悩み。

▼YUKA

神奈川県出身。看護大学に通う2年生。趣味は茶道と美術館巡りと温泉巡り。現在の夢はディズニーのパークで働くこと。「いい女」になるために日々奮闘中!

▼MURA

三重県出身。重症心身障害児専門の放課後等デイサービスで作業療法士として働く傍ら、WASSUPのスタッフとしても活躍中。趣味はキャンプと城巡り。

■WASSUPについて 全国で医療福祉をフィールドにイベント等を行うNPO法人Ubdobeが運営する、障害児者の居宅介護・重度訪問介護・移動支援事業所。現在、東京都世田谷区、渋谷区、目黒区、横浜市、盛岡市を中心にサービスを展開中。通常のサービスに加え、スタッフの企画力を活かした「スペシャルニーズ移動支援」をはじめとする独自の取り組みも実施。福祉の既成概念を超えてクライアントとスタッフが自由な発想で生きることを後押ししている。 ※ WASSUP(ワサップ)はWHAT’S UPをさらに崩した英語のスラングで「やぁ調子どう?」という意味で使われます。 https://wassup.jp/

■この記事を書いた人:leopyi

フリーランスのライターで様々なジャンルのライティングを行っているが、 中でも趣味にもしているゲームに関することが得意ジャンル。

ここでは障がいを持っていても真剣に頑張っている人たちの姿を伝えたい。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

DroR、一般社団法人障がい者雇用支援機構てとてにて「SNS活用講座」を開催

令和5年11月14日(火)から全5回にわたり「SNS活用講座」を開催 ■開催の目的・概要 開催期間:令和5年11月14日(火)〜令和5年11月29日(水) 講座回数:全5回 開催場所:オンライン及び一般社団法人障がい者雇用支援機構てとて 株式会社DroR(所在地:東京都渋谷区 代表取締役:山中真琴)は、障がいを持つ方のための就労支援事業所「TeToTe」にて令和5年11月14日(火)から全5回にわ

障がい者eスポーツをもっとメジャーに、第2回 Japan PARA eSports Festival2024を開催

障がいの程度で発生するゲームの「有利不利」の”差”を埋めるために独自のルールを採用 ■日本国内で障がい者手帳をお持ちのeスポーツプレーヤーが競う競技会 障がい者自身がそれぞれの個性に合わせたチャレンジを行い、自信と選択肢が持てるような社会づくりを目指し、障がい福祉サービスを展開している株式会社ワンライフ(群馬県前橋市、代表:市村均弥)は、一般社団法人日本パラeスポーツ連盟主催との共催で第2回 Ja

株式会社プリマベーラ、障がい者の法定雇用率200%を目標に掲げ太田市障がい者雇用優良事業所表彰を受賞

※左:清水聖義市長 右:代表 新井英雄 太田市役所にて 受賞にあたり ・法定雇用率の200%を目標とし、7年間で障がい者雇用率を改善したことで表彰された。 ・健常者も障がい者も待遇・評価に区別はなく、対等な仲間として雇用し昇給・昇進し活躍している。 ■「株式会社プリマベーラ」太田市障がい者雇用優良事業所表彰を受賞 2023年12月19日(火) 北関東を中心にリユース事業など、4事業部59拠点でグル

Comments


bottom of page