top of page
  • leopyi

manaby、障害者手帳を取得したことがある100名にアンケート。障害者手帳のメリットとデメリットは?

障害者手帳を取得した経験のある100名に、手帳のメリット・デメリットを具体的なエピソードとともに聞いてみました。


障害者手帳メリット・デメリット

■障害者手帳メリット・デメリットアンケート

障害や福祉サービスに関する情報サイト「マナポッケ(https://mana-pocket.com/)」を運営する株式会社manaby(本社:仙台市、代表取締役社⻑:岡﨑衛)は、障害者手帳を取得したことがある方を対象に「手帳のメリット・デメリット」に関するアンケート調査を実施した。


調査背景

株式会社manabyは、就労移⾏⽀援をはじめとした障害福祉事業を展開しております。今回は障害者手帳に関する意識調査を実施し、障害者手帳取得で悩むインターネットユーザーへのヒントとなることを⽬的としています。


調査結果まとめ

①41%の方が障害者手帳取得から5年以上経過している

②メリット1位「交通機関の割引」

③デメリット1位「2年ごとの更新の手続きが面倒」

④42%の方が手帳を持っていて「よかった」と回答


■障害者手帳を取得してどれくらい経つか


障害者手帳を取得してどれくらい経つか

・3ヶ月未満 5票(5%)

・3ヶ月~半年 8票( 8%)

・半年~1年 11票(11%)

・1年~3年 19票(19%)

・3年~5年 16票(16%)

・5年以上 41票(41%)


41%の方が、障害者手帳を取得してから「5年以上」経過していると答えました。


■手帳を持つメリット


障害者手帳を持つメリット

1位:交通機関の割引 28票(28%)

2位:レジャー施設が安くなる 23票(23%)

3位:障害者雇用で働くことができる 16票(16%)

4位:税金が免除される 14票(14%)

5位:公共施設が割引・無料になる 9票(9%)

6位:携帯料金の割引 2票(2%)

7位:公共料金の割引(水道料金など)1票(1%)

8位:特にない 1票(1%)

その他 6票(6%)


「交通機関の割引」が手帳を持っているメリット1位という結果に。続いて「レジャー施設が安くなる」が23%、「障害者雇用で働くことができる」が16%でした。


■手帳を持っているデメリット


障害者手帳を持っているデメリット

1位:2年ごとの更新の手続きが面倒 23票(23%)

2位:特にない 22票(22%)

3位:一般転職が以前より難しくなった 11票(11%)  

   周囲に障害者だと知られた 11票(11%)

4位:周りから偏見を持たれた 9票(9%)

   更新に診断書代のお金がかかる 9票(9%)

5位:会社内で働きづらくなった 6票(6%)

6位:友人・恋人関係が変わった 5票(5%)

その他 4票(4%)


「2年ごとの更新の手続きが面倒」が手帳を持っているデメリット1位という結果に。続いて「特にない」と答えた方が22%、「一般転職が以前より難しくなった」「周囲に障害者だと知られた」が11%でした。


■手帳を持っていて良かったか


障害者手帳を持っていてよかったか

・よかった 42票(42%)

・まあまあよかった 36票(36%)

・どちらでもない 17票(17%)

・あまりよくなかった 4票(4%)

・よくなかった 1票(1%)


42%の方が手帳を持っていて「よかった」と回答。36%の人は「まあまあよかった」と答えました。7割以上の方が、手帳を取得したことに対してポジティブな感情を持っているということがわかりました。今後はデメリットで挙がった、更新の手続きの大変さや一般雇用への転職の不安が解消されると、手帳をもって「よかった」と感じる方が今より増えるかもしれません。


■アンケート対象

◎性別

・男性 50人 (50%)

・女性 50人 (50%)


◎年代

・20代 17人(17%)

・30代 31人(31%)

・40代 31人(31%)

・50代 16人(16%)

・60代以上 5人(5%)



■この記事を書いた人:leopyi



フリーランスのライターで様々なジャンルのライティングを行っているが、 中でも趣味にもしているゲームに関することが得意ジャンル。

ここでは障がいを持っていても真剣に頑張っている人たちの姿を伝えたい

0件のコメント

Comments


bottom of page