top of page
  • leopyi

アートパラ深川、障がいをもつアーティストの作品約140点が入選し、約40点が入賞、全国コンペ「アートパラ深川大賞2024」作品大募集!

応募締切:2024年6月20日(木)当日消印有効、審査員:林真理子さん、假屋崎省吾さん、いとうせいこうさん、杉本志乃さん、中津川浩章さん


アートパラ深川大賞2024イメージ

■アートパラ深川とは

アートパラ深川おしゃべりな芸術祭実行委員会(実行委員長:本田和恵)・一般社団法人アートパラ深川(代表理事:北條弘美)では、障がいをもつアーティストの作品(原画&レプリカ)を東京下町の門前仲町・清澄白河・森下・豊洲の街なかに約600点以上を展示する市民芸術祭「アートパラ深川おしゃべりな芸術祭」(以降、アートパラ深川)を2024年10月19日~27日の9日間、開催する。街を散策しながら作品と出逢い、作品との心の“おしゃべり”、また作品を通して“おしゃべり”することで、作家の背景に興味・関心を持ってもらい、共に生きる社会を目指す社会啓発活動とのこと。


5年目の開催となる本年は、アートパラ深川の目玉の一つとして隔年開催の全国公募展「アートパラ深川大賞2024」(応募締切:2024年6月20日(木)当日消印有効)の作品を募集しています。対象は全国の障がいをもつアーティストの方々です。例年、約600点の応募をいただき、一次審査で約140点を選考、その中から入賞作品、約40点を決定します。

さらに入賞作品の中から、大賞1点(50万円)、準大賞1点(30万円)、審査員特別賞5点(各5万円)に賞金を進呈させていただきます。


公式ホームページ(https://artpara-fukagawa.tokyo/competition/)内にある「応募フォーム」にて必要事項を記載いただき、作品画像データなどを添付の上、ご応募ください。

※詳細は次ページ以降の応募概要をご参照ください


◎大賞は2025年、準大賞は2026年のメインビジュアルに採用

公募展の大賞作品は2025年、準大賞は2026年のメインビジュアルとして、公式ホームページやチラシ、パンフレット、ポスターなど、アートパラ深川の広報活動に活用させていただきます。


入賞・入選作品約140点の原画を展示!初日に授賞式を開催!

入賞・入選作品約140点の原画は会期中、「深川江戸資料館・レクホール」と「深川不動堂・ロータスホール」に展示します。

会期初日の2024年10月19日(土)には、入賞作家・ご家族をはじめ、公募展の審査員、アートパラ深川をサポートいただいている企業の方々をお招きして、「アートパラ深川大賞2024 授賞式」を「森下文化センター」(東京都江東区)にて開催します。


翌年には、「アートパラ・マーケット・フェア(AMF)」を開催!

また、入賞作家の特典として、翌年(2025年)開催のアートパラ深川でのミニ個展「AMF(アートパラ・マーケット・フェア)」にて、ご自身の作品の販売が可能となります。AMFでの売上は100%アーティストに還元されます。障がいをもつアーティストの作品の展示・販売を通じて、障がいを知る・触れる機会を創出するとともに、彼等の経済的な自立支援にもつなげていく試みです。


各界のスペシャリストが審査員として参加

「アートパラ深川大賞2024」審査員


◎「アートパラ深川おしゃべりな芸術祭」とは

「アートパラ深川おしゃべりな芸術祭」は、江戸からの神社仏閣が点在する下町・深川を舞台に、地元の有志が企画・運営を行い、多くのボランティアにサポートいただきながら障がいをもつアーティストの作品で街全体を美術館にしてしまうという大変ユニークな市民芸術祭です。2020年11月に初開催し、本年で5年目を迎えます。9日間で延べ13万人の方々が訪れるほど、多くの方々に興味・関心を持っていただけるようになりました。障がいをもつアーティストやご家族をはじめ、深川を中心とした地域の皆様、多くの企業の皆様、そして、深川を訪れるたくさんの皆様にも引き続き応援いただける、誰もが参加できる、楽しめる総合芸術祭を目指します。


■【アートパラ深川大賞2024」応募概要】

●日程:2024年10月19日(土)~27日(日)=9日間=

●会場:門前仲町、清澄白河、森下、豊洲


[ 応募資格 ] 社会生活において何らかの障がいをもつ方(年齢制限なし、障がいの内容や程度は審査に影響しません)

[ 受付期間 ] 2024年4月~2024年6月20日当日消印有効

[ 応募点数 ]1人1作品(グループでの応募可、その場合は1グループ1作品)

[ 応募テーマ ]自由(お好きなテーマでご応募ください)

[ 出品規格 ]作品サイズ:たて・よこそれぞれ150cm以内(額装を含む梱包時のサイズ)、 あつさ5cm以内(突起物など不可、壁にかけて展示できるもの)

[ 応募料金 ]無料(応募書類や入選作品の送料は応募者負担、ただし返却費用は主催者で負担します)

 [ 審査方法 ]

1次審査:画像データまたは写真による審査(入選点数140作品程度)

2次審査:実物作品による審査(入賞点数40作品程度)※1次審査通過者へは、7月上旬に別途発送方法等連絡いたします[ 応募方法 ]アートパラ深川おしゃべりな芸術祭公式ホームページ内、応募要項のなかにある【応募フォーム】より必要事項を記載し、作品画像データを添付の上、ご応募くださいhttp://www.artpara-fukagawa.tokyoフォームでの対応が難しい場合は郵送も可能です(詳しくは事務局までお問い合わせください)



■この記事を書いた人:leopyi



フリーランスのライターで様々なジャンルのライティングを行っているが、 中でも趣味にもしているゲームに関することが得意ジャンル。

ここでは障がいを持っていても真剣に頑張っている人たちの姿を伝えたい

0件のコメント

コメント


bottom of page