top of page
  • leopyi_1

難聴者と聴者とのコミュニケーションを支援するサービス「VUEVO(ビューボ)」が、一般販売に向けたテストユーザーの募集を開始

先端技術を用いて社会課題の解決に取り組むピクシーダストテクノロジーズ株式会社(本社:千代田区、代表取締役:落合陽一、村上泰一郎、以下、PxDT)は、聴覚障害や聞こえにくさがある方と聴者とのスムーズなコミュニケーションを支援するサービス「VUEVO(ビューボ、以下、VUEVO)」の一般向けサービスの提供を目指し、2023年4月24日(月)より応援購入サービス「Makuake(マクアケ)」にてご支援いただけるテストユーザーの募集を開始したことをお知らせした。

<以下、プレスリリースを掲載>

  1. 募集概要

一般販売に向け、ご支援いただける先行ユーザー(テストユーザー)を募集いたします。先行してご利用いただいた中で感じられた率直なご意見・ご感想をいただき、ご支援いただいた皆様と共に一般向けサービスの提供を目指します。

・期間

2023年4月24日(月)~2023年4月28日(金) 5日間

・リターン

VUEVOマイク1台+1年間のサービス利用 超早割10%OFF※5台限定 :44,500円(税込)

早割5%OFF ※20台限定 :47,025円(税込)

予定価格 ※175台限定 :49,500円(税込)

2023年5月 お客様への順次配送開始

2023年5月 お客様のサービスアカウントを順次アクティベート開始

2023年6月 アンケート調査開始

※定期的なアンケートやユーザーインタビューへのご協力をお願いします

※β版機能の配布などを計画しています

■「VUEVO」Makuakeプロジェクトページ

https://www.makuake.com/project/vuevo/

  1. 募集の背景 

「VUEVO」は、聴覚障害や聞こえにくさがある方と聴者とのスムーズなコミュニケーションを支援するサービスとして、2023年3月20日(月)に法人向けサービスの販売を開始しました。しかしこれまでに当社が行なってきた調査では、ビジネスシーンのみならず友人や家族との交流、学校・病院・公共機関といったプライベートな場面においても「コミュニケーションの課題を感じている」との声を多くいただきました。この課題を解決するため、当社では現在「VUEVO」の一般消費者向けサービスの提供を目指して開発を進めています。

  1. 開発の経緯 

「VUEVO」は、聴覚障害や聞こえにくさがある方と聴者とのコミュニケーションをスムーズにしたい、それにより互いに余計な気遣いやストレスを感じることなく向き合える機会を増やしたい、という想いから研究開発がスタートしました。多くの聴覚障害者や聞こえにくさがある方、企業の人事担当者をはじめとする聴者、医療や教育分野の有識者へのインタビューやプロトタイプのデモを重ね、今日まで開発を進めてきました。

  1. 「VUEVO」の特徴

「VUEVO」は、独自開発のワイヤレスマイクと専用アプリケーションを用いて、聴覚障害や聞こえにくさがある方と聴者をつなぐサービスです。

会話内容を直感的に理解しやすいユーザーインターフェース

複数人の会話でも誰が何を話しているかわかりやすい表示を実現しています。

独自技術で開発した精度の高いワイヤレスマイク

独自のアルゴリズムにより、360°全方向からの音声を高精度で集音しながら、音声方向の解析と音声のテキスト化をリアルタイムに行います。

スマートフォンやタブレット、PC まで幅広いデバイスに対応

iOS、Androidに対応したスマートフォンやタブレットに加え、PCにも対応しています。

  1. 「VUEVO」の製品概要

VUEVOを利用するには専用マイクとアプリケーションが必要です。

VUEVOマイク(型式:PDVM0001)

・型番:PDVM0001

・寸法:約78mm(W) x22mm(H) x76mm(D)

・重量:約91g

・連続使用時間:約8時間

・充電時間:約2時間

・通信方式:

 ・無線LAN IEEE802.11b/g/n 2.4GHz

 ・Bluetooth標準規格 Ver.5.2

VUEVOアプリケーション

・スマートフォン・タブレットアプリケーション:Android/iOS(Android11以上、iOS14以上) ・ウェブアプリケーション:Chrome/Microsoft Edge*1/Safari*2 (ブラウザの動作保証は最新バージョンのみ、*1 Windows、 *2 macOS/iOS)

*VUEVOおよび関連するロゴは、ピクシーダストテクノロジーズ株式会社の商標又は登録商標です。

  1. ピクシーダストテクノロジーズ株式会社について

ピクシーダストテクノロジーズは、計算機科学(コンピュータサイエンス)と、音や光などを自在に操る独自の波動制御技術の融合により、コンピュータと非コンピュータが不可分な環境を構築し、言語や現象、アナログとデジタルといった二項対立を循環的に超えていく「デジタルネイチャー」の到来を見据えています。 私たちは、現在、波動制御技術をメカノバイオロジーや視覚・聴覚・触覚への介入・補助をする「ヘルスケア&ダイバーシティ領域」と、メタマテリアル(材質ではなく構造で特性を生み出す技術)やオフィス・工事現場等の課題解決のために適用する「ワークスペース&DX領域」の2つの主要な領域に重点を置いて製品を展開しています。 急速に進化していくコンピュータに対して、私たち生物の身体(ハードウェア)の進化は非常に遅く、その差はますます開こうとしています。ピクシーダストテクノロジーズはこの両者の間をうまく調停し、生活に対してよりよい価値を生み出し続けます。 商号       ピクシーダストテクノロジーズ株式会社 会社設立     2017年5月 資本金      62億4,108万5,100円(2022年9月30日現在/資本準備金を含む) 代表取締役    落合 陽一、村上 泰一郎 所在地      東京都千代田区神田三崎町二丁目20番5号 URL       https://pixiedusttech.com/

0件のコメント

最新記事

すべて表示

DroR、一般社団法人障がい者雇用支援機構てとてにて「SNS活用講座」を開催

令和5年11月14日(火)から全5回にわたり「SNS活用講座」を開催 ■開催の目的・概要 開催期間:令和5年11月14日(火)〜令和5年11月29日(水) 講座回数:全5回 開催場所:オンライン及び一般社団法人障がい者雇用支援機構てとて 株式会社DroR(所在地:東京都渋谷区 代表取締役:山中真琴)は、障がいを持つ方のための就労支援事業所「TeToTe」にて令和5年11月14日(火)から全5回にわ

障がい者eスポーツをもっとメジャーに、第2回 Japan PARA eSports Festival2024を開催

障がいの程度で発生するゲームの「有利不利」の”差”を埋めるために独自のルールを採用 ■日本国内で障がい者手帳をお持ちのeスポーツプレーヤーが競う競技会 障がい者自身がそれぞれの個性に合わせたチャレンジを行い、自信と選択肢が持てるような社会づくりを目指し、障がい福祉サービスを展開している株式会社ワンライフ(群馬県前橋市、代表:市村均弥)は、一般社団法人日本パラeスポーツ連盟主催との共催で第2回 Ja

株式会社プリマベーラ、障がい者の法定雇用率200%を目標に掲げ太田市障がい者雇用優良事業所表彰を受賞

※左:清水聖義市長 右:代表 新井英雄 太田市役所にて 受賞にあたり ・法定雇用率の200%を目標とし、7年間で障がい者雇用率を改善したことで表彰された。 ・健常者も障がい者も待遇・評価に区別はなく、対等な仲間として雇用し昇給・昇進し活躍している。 ■「株式会社プリマベーラ」太田市障がい者雇用優良事業所表彰を受賞 2023年12月19日(火) 北関東を中心にリユース事業など、4事業部59拠点でグル

Comments


bottom of page