top of page
  • leopyi_1

従業員全員がフルリモートワークで働く営業ハック、障がいを持つ方へ就労支援を通して夢と希望を与える株式会社staraと業務提携を行う

「営業の悩みを0にする」をミッションに営業支援を行う株式会社営業ハックと、障がいを持つ人の就労支援を通し、障がいを持つ方の人生を本当の意味で豊かにするサポートを行う株式会社staraが、営業代行事業において業務提携を開始したことを報告する。

<以下、プレスリリースを転記>

「営業の悩みを0にする」をミッションに営業支援を行う株式会社営業ハック(本社:東京都港区・代表:笹田裕嗣)と、障がいを持つ人の就労支援を通し、障がいを持つ方の人生を本当の意味で豊かにするサポートを行う株式会社stara(本社: 埼玉県越谷市・代表取締役森永雄太)が、営業代行事業において業務提携を開始したことを報告いたします。

株式会社staraHP:https://www.stara.co.jp/ 営業ハックの営業ノウハウ解説サイト:https://hiroshi-sasada.com/

  1. 業務提携の背景

営業ハックは「営業の悩みを0にする」ことをミッションに、営業代行事業・研修事業を通して様々なお客様の営業支援をさせていただいている会社です。

営業ハックは企業理念の一つに「適材適所を創り出す」を掲げていますこの適材適所とはその人の「やりたい」と「できる」が重なる場所のことを表します。世の中には本来やりたいこと、得意なことがあるのにも関わらず、環境や制限の問題によって理想の働き方が出来ていない人が数多くいます。そのような人たちがいきいきと活躍できる場を作ること。これが営業ハックが目指しているものです。

実際に営業ハックはフルリモートワークの会社であり、副業をしている人もいれば、介護をしながら、育児をしながら…といった形で様々な環境のメンバーが働いています。

こういった中で、同様の理念を持ち、障がいをお持ちの方へ就労支援を行う「株式会社stara」様と営業代行事業において業務提携を結び、パートナー企業として歩むこととなりました。お客様が抱える営業の悩みを解決していくと同時に、株式会社stara様とともに営業ハックは、より多くの人が環境に左右されずいきいきと活躍できる職場を作っていきます。

  1. 代表プロフィール

株式会社stara 

代表取締役 森永 雄太

新卒で人材会社に入社。 健常者のみならず障がい者まで含めた求職者の就業支援を行う。その後ITベンチャーの経営に参画し、企業経営のノウハウを積む。 2015年10月、株式会社staraを創業。障害をお持ちの方の新たな雇用を創出することで、世界を救いたいというのが口癖。

株式会社営業ハック

代表取締役 笹田 裕嗣 20歳の頃から営業のキャリアをスタート。新卒で大手人材会社に入社し、入社半年で営業成績トップになる。独立後は営業代行事業・コンサルティング事業で、営業支援を100社以上実施する。2018年4月「営業の悩みを0にする」ミッションを掲げ、株式会社営業ハックを創立。2022年には日本最大級の営業の大会第6回『S1グランプリ』にて優勝者となる。

  1. 株式会社staraについて

「障がいと生きる人が人生を変える会社」をモットーに、 staraは障がいをお持ちの方に “雇用”と“実際の仕事経験”を提供し、就労支援を行う会社です。就職してから結局その会社についていくことができず、環境が合わず、 辞めていってしまう障がいをお持ちの方はたくさんいます。そんな方がストレスなく働けるよう、「staraに関わる全ての人が輝き、夢と希望を持てる世界をつくる」ことをビジョンとしています。障がいと向き合い、前に進もうとする皆様の勇気を賞賛し、心の底から応援し、そのサポートを全身全霊で行います。

  1. 株式会社営業ハックについて

株式会社営業ハックは「売上を2倍にするお手伝い」をさせていただき「営業の悩みを0にする」会社です。代表の笹田の体験・経験から、営業戦力不足を解決することで売れる組織をつくることができると考え、営業マネジメントコンサルティングを行っています。また「誰よりも現場を知る営業コンサルタント」として営業に関する実態調査や分析を行い、時代に合わせた営業とは何かを常に追いかけています。その経験や分析から、企業様への営業研修も実施しています。

<新規開拓チームを0からつくる営業代行・コンサルティング>

https://hiroshi-sasada.com/lp/sales-agency/ <営業パーソン支援のための営業ノウハウ解説サイト> https://hiroshi-sasada.com/

  1. 営業代行業とは

営業は売上をあげることに直結した役割です。そんな営業を代行しながら、営業ハックはお客様が成果を出せる「勝ちパターン」を見つけていくお手伝いをさせていただいております。

営業ハックが営業代行事業を続けている理由は、「事業家がプロダクト作りに集中できる社会を作る」ため。

営業しなければ、事業が継続できず、やらざるを得ないという企業・事業家は多いです。さらに、営業スタッフを採用しようにも、戦力化するには時間も掛かります。そもそも、良い営業人材を採用するのにも、多額のコストに手間がかかってしまうのが、現状なのです。

そのような中で、お客様がより良いサービス作り、プロダクト作りに専念できるようにしたいということを理由に、営業ハックは営業代行を行なっております。また、合わせて営業の組織作り、スタッフの育成のお手伝いもさせていただいております。

  1. 営業&マネジメントノウハウ解説!営業ハックSNSはこちら

  1. 営業代行に関するお問い合わせはこちら

https://hiroshi-sasada.com/inquiry/

  1. 会社概要

会社名:株式会社営業ハック(カブシキカイシャエイギョウハック) 所在地:〒150-0013 東京都港区浜松町2丁目2番15号 浜松町ダイヤビル2F 代表者:笹田裕嗣 設立:2018年4月13日 事業内容:営業コンサルティングおよび代行支援事業

■この記事を書いた人:leopyi

フリーランスのライターで様々なジャンルのライティングを行っているが、 中でも趣味にもしているゲームに関することが得意ジャンル。

ここでは障がいを持っていても真剣に頑張っている人たちの姿を伝えたい。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

DroR、一般社団法人障がい者雇用支援機構てとてにて「SNS活用講座」を開催

令和5年11月14日(火)から全5回にわたり「SNS活用講座」を開催 ■開催の目的・概要 開催期間:令和5年11月14日(火)〜令和5年11月29日(水) 講座回数:全5回 開催場所:オンライン及び一般社団法人障がい者雇用支援機構てとて 株式会社DroR(所在地:東京都渋谷区 代表取締役:山中真琴)は、障がいを持つ方のための就労支援事業所「TeToTe」にて令和5年11月14日(火)から全5回にわ

障がい者eスポーツをもっとメジャーに、第2回 Japan PARA eSports Festival2024を開催

障がいの程度で発生するゲームの「有利不利」の”差”を埋めるために独自のルールを採用 ■日本国内で障がい者手帳をお持ちのeスポーツプレーヤーが競う競技会 障がい者自身がそれぞれの個性に合わせたチャレンジを行い、自信と選択肢が持てるような社会づくりを目指し、障がい福祉サービスを展開している株式会社ワンライフ(群馬県前橋市、代表:市村均弥)は、一般社団法人日本パラeスポーツ連盟主催との共催で第2回 Ja

株式会社プリマベーラ、障がい者の法定雇用率200%を目標に掲げ太田市障がい者雇用優良事業所表彰を受賞

※左:清水聖義市長 右:代表 新井英雄 太田市役所にて 受賞にあたり ・法定雇用率の200%を目標とし、7年間で障がい者雇用率を改善したことで表彰された。 ・健常者も障がい者も待遇・評価に区別はなく、対等な仲間として雇用し昇給・昇進し活躍している。 ■「株式会社プリマベーラ」太田市障がい者雇用優良事業所表彰を受賞 2023年12月19日(火) 北関東を中心にリユース事業など、4事業部59拠点でグル

Comments


bottom of page